Menu
更新日:2021/11/27
ダライアス コズミックコレクション アーケード
ダライアス コズミックコレクション アーケード スクリーンショット
ダライアス コズミックコレクション アーケード スクリーンショット
ダライアス コズミックコレクション アーケード スクリーンショット
ダライアス コズミックコレクション アーケード スクリーンショット
ダライアス コズミックコレクション アーケード スクリーンショット

ダライアス コズミックコレクション アーケード Steam版
発売記念!

迫力のウルトラワイドモニターにて店頭デモンストレーション実施中!秋葉原 パソコン本店Ⅱ 2Fにて

「ダライアス コズミックコレクション アーケード」は、1986年に登場した「ダライアス」シリーズ初期のアーケード版4タイトル、7バージョンを収録したゲームパックです。マルチモニター、サブウーファーに対応したシステムでプレイすることで、アーケード版筐体でのプレイをPC上で再現できます。

「ダライアス コズミックコレクション アーケード」は、『ダライアス』シリーズの中でも比較的初期となる2Dグラフィックのタイトルを厳選して移植しており、アーケード4タイトル7バージョンを収録しています。

また、本作Steam版のみの機能として、アーケード版と同じ画面数での表示が可能なマルチモニターに対応。音源についてはサブウーファーに対応。アーケード版のスピーカー内蔵シートの振動を再現しています。

発売を記念して、11月30日までの期間中、秋葉原のパソコン本店Ⅱ 2Fにて迫力のマルチモニターにて店頭デモンストレーションを実施中。ぜひご来店いただき、迫力のデモンストレーションをご体験ください。

© TAITO CORPORATION 1986, 2021 ALL RIGHTS RESERVED.

秋葉原 パソコン本店Ⅱ 2F 店頭

※デモではウーファーが動作しておりますが、マイク性能の都合で録りきれておりません。

「ダライアス コズミックコレクション アーケード」におすすめの商品

モニター

「ダライアス コズミックコレクション アーケード」Steam版は様々なサイズのモニターやマルチモニターに対応しています。

表示領域内でどのようにゲーム画面を出すかを下記の3タイプから選べます。

  • フィット おすすめ

    縦横比を維持したままできるだけ大きく表示します。

  • フル

    縦横比を無視して画面いっぱいにゲーム画面を表示します

  • ドットバイドット

    ゲーム画面が極力きれいに見えるサイズで表示します

ブラウン管モニターの雰囲気を再現するモードや、画面の継ぎ目を敢えて表示するモードもあったりします。

また、ゲーム画面を配置して余った箇所に様々なゲームデータ(ルート情報、ARM残数、ボスのデータ等)を表示するガジェットを表示する事ができます。

ダライアスの3画面筐体は「4:3 15インチx3 横幅約90cm」「4:3 19インチx3 横幅約116cm」の2種類が存在します。

横幅を合わせるとアーケード筐体の雰囲気に近づける事ができます。

縦は余ってもガジェットを配置できるので縦横比はお好みで。

34インチウルトラワイドモニター(21:9)

横幅80cm強。15インチx3筐体より若干短いですが、継ぎ目なしで縦横比が比較的近いのがメリットです。

約43インチワイドモニター(16:9)

横幅約94cm。縦がかなり余りますが継ぎ目なしで遊べます。

27インチワイド(16:9)

2台並べると横幅が約120cmになります。真ん中に継ぎ目ができますが、大型筐体サイズを比較的安価に再現できます。枠が細い物がオススメです。

49インチスーパーウルトラワイド(32:9)

該当商品が少ないのとお値段が張るのがネックですが、継ぎ目なしで実機に近い縦横比と横幅約120cmを確保できるメリットがあります。

コントローラー

コントローラー

がっつりとアーケードコントローラーで行くも良し。
お手軽にパッドで行くも良し。

なお連射機能はソフト側で備えており、連射速度の設定も可能です。デフォルトで単発、低速連射、高速連射が割り振られています。

振動機能付きヘッドセット

アーケード筐体と振動するシーンが完全一致するわけではないのですが、ご近所迷惑にならずに振動を体感できる数少ない手段です。

  • 良いところ:ボス戦とかステージクリア時の雰囲気はかなり良いです。(試してみた担当者の主観)
  • 良くないところ:ショットやザコ敵撃破の時でも振動する。

※ゲームから出ている振動の信号を拾っているのではなく、音声信号を元にヘッドセット側で振動をコントロールしています。

スピーカー

やっぱり低音を効かせたいですよね。(ご近所迷惑にならなければ・・・)

※こちらのスピーカーについているサブウーファーは低音を響かせる事はできますが「ダライアス コズミックコレクション アーケードSteam版」の振動機能には対応していません。

サブウーファー

店頭デモで実際に使用している物と同型です。

ウーファー側はRCAピンジャックx1のコネクターで、RCAx1~RCAx1のケーブルが付属します。お使いのサウンドデバイスによっては別途ケーブルが必要になります。

【スピーカーとウーファーについて】

【スピーカーとウーファーについて】

「ダライアス コズミックコレクション アーケード」のSteam版独自機能として、サブウーファーを接続するとアーケード筐体のシート振動を再現できます。
※WINDOWS上でサブウーファーと認識できる物に限ります。

サラウンド出力端子の例

サラウンド出力端子の例

PCにサラウンド出力端子がある場合
Windowsのサウンド設定でサラウンド出力ができることを確認した後、アンプ内蔵のフロントスピーカーやサブウーファーを接続してください。

PCにサラウンド出力端子がない場合
「CREATIVE SB-X-4A」などのサラウンド出力可能なオーディオインターフェイスをお使いいただき、それにアンプ内蔵のフロントスピーカーやサブウーファーを接続してください。

※アナログ2ch接続でウーファー付きのスピーカーの場合、低音は強くなりますが筐体が振動するシーンと完全リンクはしません。

※また光デジタル端子接続のサブウーファー付きスピーカーでも、OS上では2chステレオスピーカーの扱いになってしまう物もあるようです。

参考:デモで検証した組合せは「サウンドユニット:CREATIVE SB-X-4A」+「サブウーファー:NS-SW050」+「2chステレオスピーカー」です。(該当のサウンドユニットは弊社取扱いなし)