Menu
  1. ツクモネットショップ
  2. 特集
  3. 5.5GHzの衝撃!Intel® Core™ i9-12900KS
5.5GHzの衝撃!IntelⓇ Core™ i9-12900KS

5.5GHzの衝撃!
IntelⓇ Core™ i9-12900KS

衝撃的な性能を持つ第12世代IntelⓇ Core™ プロセッサーのフラッグシップモデルが登場

パフォーマンスから挙動までをオーバークロッカー清水氏が最速インプレッション!

第12世代の特性から組み合わせるオススメパーツまでを広く網羅!

Text by 清水貴裕(シミラボ)

衝撃的な性能を持つ第12世代IntelⓇ Core™ プロセッサーのフラッグシップモデルが登場。
パフォーマンスから挙動までをオーバークロッカー清水氏が最速インプレッション!第12世代の特性から組み合わせるオススメパーツまでを広く網羅!

Text by 清水貴裕(シミラボ)

IntelⓇ Core™ i9-12900KSプロセッサーの特徴は?

2021年11月に発売したIntelの最新CPUであるAlder Lakeは、その性能の高さから自作PCシーンを席巻し続けている。Intel 7と呼ばれる最新プロセスの採用のほか、高性能コアと高効率コアの2種類のコアを内蔵するハイブリッド・アーキテクチャーの採用、DDR5メモリやPCI Express 5.0への業界初対応など、多くの革新的なアプローチがとられたCPUだ。

そのフラッグシップモデルとして新たに登場したのが、最大5.5GHzという衝撃的なクロックアップが施されたIntelⓇ Core™ i9-12900KSだ。全コア負荷時の動作クロックは、Pコアが5.2GHzとIntelⓇ Core™ i9-12900Kよりも300MHz高く、Eコアの動作クロックも4.0GHzと100MHz高くなっている。それに伴い、CPUの消費電力値を示すPBP(Processor Base Power)は125Wから150Wへと引き上げられている。

この動作クロックの高さは驚異的で、IntelⓇ Core™ i9-12900Kを手動でオーバークロックした際の限界値に近い値となっている。オーバークロッカーが手動で設定するのに近い値をメーカー自らが達成したことはこれまでになく、本製品はCPUの歴史に残るモデルになるはずだ。

IntelⓇ Core™ i9-12900KSプロセッサーの性能は?

CPU性能を測るCINEBENCH R23の結果をチェックしてみよう。全てのコアに負荷が掛かるマルチスレッドテストの結果は全設定がIntelⓇ Core™ i9-12900Kのパワーリミット無制限設定を上回っている。IntelⓇ Core™ i9-12900KSの無制限設定においては、発売前のテストBIOSでの検証のため、CPU電圧がVID準拠で高めでCPU温度が上昇しサーマルスロットリングが発生していた。

ただ、CPU電圧をAdvanced Offset Modeにして下げると、CPU温度が90℃台前半になって5.2GHzでPコアが安定動作し、29444というハイスコアを記録。パワーリミット設定を製品の定格値であるPBP=150W、MTP=241Wに設定するとマルチスコアは28146を記録。IntelⓇ Core™ i9-12900Kの無制限設定よりもスコアが高いので、定格で安定動作させたい場合も最上位に相応しい性能を体感できるだろう。

シングルスレッドテストの結果は、どの設定でも計測誤差の範囲となった。シングル最速と謳われていたIntelⓇ Core™ i9-12900Kよりもスコアが100程高いので、現状ではシングルスレッドにおいて世界最速CPUはこのIntelⓇ Core™ i9-12900KSだ。

ゲーム系のベンチマークとして人気の「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果もチェックしていこう。設定は解像度は1920×1080(フルHD)で、画質プリセットは最高品質、ウィンドウモードはフルスクリーンに設定した。

IntelⓇ Core™ i9-12900KSのスコアは、パワーリミット設定を問わずに高く、IntelⓇ Core™ i9-12900Kよりも1000ポイント以上高いスコアを記録。平均フレームレートも5~7FPS上がっており、5.5GHzという高いブーストクロックはゲーム用途においてもメリットとなるようだ。

ベンチマーク中のCPU温度もチェックいこう。アイドル時はOS起動10分後の値で、R23マルチ時は「CINEBENCH R23」のマルチテストを3回連続で実行した際の最大値、FF14ベンチ時は「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を3回連続実行した際の最大値となっている。CPUクーラーには360mmラジエターを搭載するMSI CORELIQUID S360を使用して、ファン設定はMSI標準の設定とした。

アイドル時はどの設定も低いが、パワーリミット無制限の際はR23マルチ時に100℃に達してサーマルスロットリングが発生した。ポンプやファンはフル回転となっているので、無制限で使う場合はさらに大型の簡易水冷か本格水冷が必要になりそうだ。これは前述した通り、CPU電圧の掛かりすぎによるもので、今後のBIOSアップデートでマザーボードベンダーによって調整されるだろう。今後行われるであろう調整を想定して、5.2GHz時に-0.030V、5.3GHz時と5.5GHz時に-0.030VとなるようにAdvanced Offset Modeを用いてUEFIで設定を行ったところ、最大温度は93℃まで低下した。PBPとMTPをそれぞれ定格値の150Wと241Wに設定すると、そこからさらに4℃低下して89℃となったので、発熱が気になる場合は設定を行って性能と温度のバランスを取ればOKだ。

シングルスレッド動作となるFF14ベンチ時は、どの設定も70℃台前半なので、ゲーム用途の場合はCPU温度をあまり気にしなくて良いだろう。

システム全体の消費電力値においては、性能向上のトレードオフとして全体的にIntelⓇ Core™ i9-12900Kよりも高い値を示している。注目したいのは低電圧設定を行った際の値で、R23マルチ時に400W、FF14ベンチ時に607Wと大幅に消費電力値が低減している。

MTPを241Wで設定してもFF14ベンチ時の消費電力値は無制限と変わらないが、上述した設定で低電圧化すると、607Wになったのには驚きだ。それだけ、安定動作させるために電圧のマージンをIntel側で取っているのだろう。

PBP=150W設定を行うと、R23マルチ時の消費電力は359Wまで下がっており、IntelⓇ Core™ i9-12900Kの無制限時とあまり変わらない値になっている。今後のBIOSアップデートでの低電圧化に期待したいが、中級者以上のユーザーは自分で設定すると消費電力値を大幅に低減可能なので、IntelⓇ Core™ i9-12900KSはオーバークロックと逆の省電力化の面でもいじりがいのあるCPUといえる。

気になるオーバークロック耐性は?

定格で最大5.5GHzと高い動作クロックを誇るIntelⓇ Core™ i9-12900KSだが、定格スペックの高さからオーバークロック耐性に期待している人も多いだろう。本記事に連動したYouTube動画では、無負荷時には6.0GHzでの動作に成功。CINEBENCH R23のマルチテストは5.4GHzでクリアし、スコアは30000を突破。これはIntelⓇ Core™ i9-12900Kの最高クラスの耐性を誇る個体だ。今回試した個体が耐性の高い個体だった可能性もあるが、高い定格スペックを常用可能な電圧で実現するために、低電圧で高クロック動作が可能な個体が使われている可能性が高いと見ている。

オーバークロック耐性の高い個体が欲しい人には魅力的だし、高い定格スペックは高性能CPUを定格運用したい人にも魅力的だ。

IntelⓇ Core™ i9-12900KS向けシミオシパーツはコレ

[MSI]MEG Z690 UNIFY 【DDR5対応】
在庫なし¥68,250 (税込)購入・詳細

105A SPSを採用した19+2フェーズの電源回路を備えるMSIのハイエンドOCマザー。ダイレクト駆動の電源回路は、空水冷での限界OCから液体窒素を使用した極冷OCでもビクともしない高い堅牢性を誇る。メモリスロットはDDR5-6000をサポート。最強のZ690マザーを求める人向けの一枚。

[MSI]MAG Z690 TOMAHAWK WIFI DDR4 【DDR4対応】
在庫あり¥40,000 (税込)購入・詳細

3万円台前半のミドルクラスマザーながら、16+1+1フェーズ構成の電源回路採用。MOSFETには70S SPSが採用されており、I/Oカバーまで伸びる大型ヒートシンクの恩恵で、高負荷時のCPU温度は低い。メモリスロットがDDR4仕様となっているので、手持ちのDDR4メモリを利用して組みたい人にもオススメ。

[MSI]MEG CORELIQUID S360
在庫あり¥43,980 (税込)購入・詳細

360mmの大型ラジエータを搭載するMSIの簡易水冷クーラー。業界最大手のAsetek社の最新アーキテクチャーを採用し、付属の高性能ファン「SILENT GALE P12」を組み合わせることで最高峰の性能を実現。水冷ヘッドにはシステム情報の表示が可能な2.4インチIPSディスプレイと、電源回路冷却用のファンを備える。

[CORSAIR]iCUE H170i ELITE CAPELLIX (CW-9060055-WW)
品薄¥27,044 (税込)購入・詳細

14cmファンを3基搭載可能な420mmサイズの大型ラジエータを搭載する、CORSAIR製簡易水冷クーラー。付属ファンは最大回転数が2,000rpmで風量が97CFMとハイスペック。水冷ヘッドとファンにRGB LEDが搭載されており、iCUEからのイルミネーション設定が可能

[G.SKILL]F5-6000J3636F16GX2-TZ5RK
在庫あり¥56,797 (税込)購入・詳細

DDR5-6000駆動のG.SKILL製オーバークロックメモリ。動作タイミングはCL36-36-36-96で、動作電圧は1.35V、容量は32GB(16GB×2枚)という仕様。このクラスのメモリはオーバークロック耐性の高い選別ICが使用されているので、DDR5-7000を超えるような超高クロック動作を目指す場合に強力な武器になるだろう。