Menu

更新日:2017/12/11

持ち運べる小型モニター「GeChic」社製品 大特集!

◇ご存知ですか?『GeChic』
GeChic――と聞いて、何の会社かパッと思い浮かぶ人は少ないかもしれません。けれど、『On-Lap』と言えば、知っている方も多いのではないでしょうか。GeChicはモバイルモニタ『On-Lap』を製作している会社です。
モバイルモニタ
モバイルモニタ(またはモバイルディスプレイ)とは、一般的に流通しているパソコン用モニタなどに比べてかなり小型のモニタのこと。その大きさはおおむね13インチ~15.6インチ程度で、ノートパソコンの液晶と近い大きさをしています。

GeChicからリリースされているのも、こういった薄くて小型のモバイルモニタです。

では、そんな『GeChic』の代名詞であるモバイルモニタ。実際にどんなシーンで活躍するのでしょうか?

例として『GeChic』のスタンダードモバイルモニタ『On-Lap 1503H』で見てみましょう。

◇モバイルモニタのスタンダード『OnLap 1503H』
On-Lap 1503H
GeChic
On-Lap 1503H
  • ネット特価
  • ¥39,800(税込) 398pt
詳細はこちら
GeChicのリリースするモバイルモニタの中でも特にスタンダードな製品が『OnLap 1503H』です。液晶サイズは15.6インチ、ベゼルを含めた採寸は382mm×246mm×12mm、重さ798g(カバーなどを含まない)と、非常に薄くて小型のディスプレイです。しかしながら画面解像度は1920×1080 のFULLHD、パネル種類もIPSパネルの採用で広画角・高精細を実現しています。

ティスプレイ自体への給電はUSB Type Cコネクタ経由で行えるため、ノートパソコンなどと合わせて使う際には別途コンセントを必要としないところも便利な点だと言えます。

USB Type Cポート USB TYPE-C変換ケーブル
※入力端子と付属品のUSB TYPE-C変換ケーブル
入力端子
画面入力端子はHDMIとVGAに対応、接続には付属品の変換ケーブルを用います。

※HDMIの変換ケーブル。付属品

背面部にはスタンドが実装されており、固定位置によって角度を調節できます。
スタンド 利用例1 スタンド 利用例2
◇例えば、お仕事先でのプレゼンテーションに
サブディスプレイ 利用例
モバイルモニタで最も多く使われるシチュエーションは、なんといってもノートパソコンのサブディスプレイでしょう。
『OnLap 1503H』はノートパソコンと並べて使うのにジャストサイズ!な15.6型です。

(右の画像はマルチモニター設定)

(上の画像はマルチモニター設定)

クローンモード
『OnLap 1503H』は本体自体も薄くて軽く、先に述べた通り給電もUSBから行えるため、持ち運びにとても有利ですよね。普段使いに作業領域を拡大するのもいいですし、会社で作成したデータを取引先にプレゼンテーションする際に、操作は手元のノートパソコンで、お客様にはOnLapで見てもらう――なんて使い方もできますね。

※左の画像は二つのモニタに同じものを表示する『クローンモード』。手元で作業をしながら第三者に見てもらうことも可能

※上の画像は二つのモニタに同じものを表示する『クローンモード』。手元で作業をしながら第三者に見てもらうことも可能

◇普段モニタなしで運用しているPCのチェックなどにも
On-Lap 1503H
ディープな使い方でもオススメです。

例えば普段モニタなしで運用しているサーバーマシンや演算マシン、そのメンテナンスにも利用できます。

2A出力対応のモバイルブースターなどを駆使すればコンセントなしでも運用可能であるため、活躍の幅が広がります。
◇ゲーム機に接続しても便利
『OnLap 1503H』の場合、画面入力にHDMIが利用できるので、PS4などに代表されるようなゲーム機を接続することも可能です。
PS3と繋いでみました
リビングにはテレビがあるけど寝室には……そんな方も、これなら手軽に持ち込めますし、ゲームを楽しんだ後にお片付けも簡単です。自分専用モニタとして活躍してくれるでしょう。

※HDMIで接続可能なゲーム機ならばすぐに使用可能

◇小さな世界からの脱却――スマートフォンやカメラとの接続も
『OnLap 1503H』は、スマートフォンとの接続にもオススメです。別売りではありますが、変換ケーブルを利用することによってiPhoneの画面などを『OnLap 1503H』に出力することが可能です。スマートフォンで撮影した動画などを大画面で楽しむことが出来ます。 他にも、HDMI出力可能なビデオカメラと接続すれば、撮影したものを大きな画面ですぐ確認することなども出来ちゃいます。

……と、このように、想像力次第で様々な活躍をさせられるのです。

◆『GeChic』のその他のラインナップ
『GeChic』のリリースしているモバイルモニタには、もう一つの大きな流れとして「タッチモニタ」があります。 こちらは名前の通り、モニタとしての機能だけではなく、タッチパネル対応のもの。Windowsタブレットやandroidタブレットなどと同じように、画面に触れることで直感的に作業が可能です。
◇On-Lap1303I タッチモニタ
On-Lap1303I タッチモニタ ONLAP1303I
GeChic
On-Lap1303I タッチモニタ
ONLAP1303I
  • ネット特価
  • ¥48,384(税込) 4,839pt
詳細はこちら
On-Lap1303I
『On-Lap 1303I』はGeChicのスタンダードなタッチパネル対応モバイルモニタ。

画面サイズは13.3インチ、IPSパネル採用、ベゼルを含めた採寸は348x225x10.8mm・重さ1064g(カバーなどを含まない)。投影型静電容量方式、10指マルチタッチに対応します。

タッチパネル以外にある本製品の大きなメリットは、対応出力端子。Micro-HDMIとMini-DisplayPort、そしてVGAに接続可能です。

これらの中で特に重要なのは「Mini-DisplayPort」。これがあることによってMacBook Air/ProやSurface Proタブレットのサブディスプレイとしても活躍してくれます。

また、タッチパネル対応ということで、メインディスプレイと同じようにタッチして操作が出来るところも使いやすいと思います。
◇一番人気は超軽量・小型の『On-Lap1101P』
On-Lap 1101P
GeChic
On-Lap 1101P
  • ズバリ価格
  • ¥37,250(税込) 0pt
詳細はこちら
On-Lap 1101P
これまでスタンダードな製品をふたつ紹介しましたが、現在GeChicの一番人気と言えるのはなんといっても『On-Lap 1101P』をはじめとする「超軽量」なシリーズです。 その重量なんと480g(カバーなどを含まない)! 500mlのペットボトルよりも軽いということになります。採寸は289x183x11mm(モニタ部分のみ)、主だった入力端子もMicro-HDMI・Mini-DisplayPort・VGAと多彩です。 どこに持っていっても邪魔にならない大きさ、そして重さは活躍の場を更に広げてくれること間違いなしです。
◆『GeChic』は「あると便利」を提供してくれる会社です。
モバイルモニタの手軽で使いやすいサイズや仕様は、ユーザーの想像力次第で様々な「あると便利」を提供してくれます。
GeChicはそんな「あると便利」を実現する充実のラインナップを提供してくれる会社です。もしここにモバイルモニタがあれば……そんな状況になったら、是非『GeChic』のことを思い出してみてくださいね。

「あると便利」な『On-Lap』、お求めはツクモネットショップにて。


ご注文お待ちしております