ツクモネットショップ20周年ありがとう企画 今vs昔 番外編 頑張れSHARP!X68000特集 - 自作パソコン・PC/パソコンとPCパーツの専門店【TSUKUMO】。自作PCに必要なパーツを豊富に取り揃えています。

5000円以上送料無料
   ホーム >  特集  >  ツクモネットショップ20周年ありがとう企画 今vs昔 番外編 頑張れSHARP!X68000特集
更新日:2016/05/27

今vs昔 <番外編> -頑張れSHARP! X68000特集-~名機に思いを寄せて~

1995年~1997年頃のX68000事情

  • (画像出典:1995年 デジタル99マガジンvol1 40P-41P)

  • (画像出典:1995年 デジタル99マガジンvol2 60P-61P)

  • (画像出典:1996年 デジタル99マガジンvol4 72P-73P)

  • (画像出典:1996年 デジタル99マガジンvol5 72P-73P)

  • (画像出典:1996年 デジタル99マガジンvol6 74P-75P)

  • (画像出典:1996年 デジタル99マガジンvol7 88P-89P)

X68000コーナー終了(当時の様子)

シャープX68000コーナーが1997年2月16日をもって、本店3階からなくなり、その最後を飾って、15日・16日の2日間ファイナルFAIRを開催。長い間支持して下さった、熱心なお客様が本日は開店前から約60名並び、入場制限しながらの誘導で、12時30分頃まで列を作っていた。(推定約200名)

おや?店頭での20年前のX68000販売の事ですか?

代表的なソフトウェア...はゲーム、ゲーム専用機といっても過言ではないです。ところが、そのゲームを楽しむうちに「作ってみたい」と思う気持ちが芽生えるものなのです。

そして、クリエイター向けのソフトウェアは販売していた製品と、現在ではフリーソフトと呼ばれている「パソコン通信」で手に入れるソフトウェアが利用されていました。

ツクモでは、その快適ゲーム環境とソフトウェア開発環境、音楽、映像の作成環境の販売に力を入れていました。当時のツクモパソコン本店では、機種別にフロアが分かれていまして、我がX68000フロアはMacintosh、国民機NEC/EPSONとは独立して存在していました。

マイナー機種であったがために販売できる周辺機器が少なく、他のフロアに新製品を物色しにいって、動作確認をしては販売していた事を思い出します。

特に思い出深いのは、「SONY RMO-S350」ですね。3.5インチFDサイズの120MBのディスク「MO」を読み書きするためのドライブで、当時の販売価格は15万円ほど、メディアは1枚6,800円。今ではまったく魅力のない製品ですが、当時主流だったHDDのサイズ80MBを上回っていて、容量単価も1/10程度だったことから爆発的に人気商品となりました。後にメディアは当社オリジナル品も販売されることとなります。なんと、SONYのカタログではX68000は動作確認PCに認定されていません。

カラープリンタの「BJC-600J」も外せません。4色独立タンク、360dpiでしたが、当時の人気ペイントソフト「マチエール」やSX-WINDOWで対応していました。A3まで印字できる上位機種のBJC-820JとX68000 シャーペン.x の組み合わせでX68000フロア以外のPOPも作成していました。ペイントソフトのオプションとして、ペンタブレットWACOM「SD-510C」や「Drawing slate」も販売していましたね。現在の液晶タブレットの始祖といったところでしょうか?

MIDI楽器の「SC-55シリーズ」は、「Mu-1」や「Mu-1super」などで音楽作成を楽しむ方と、ゲームソフトで臨場感を増すためのオプションとして人気でした。
と、外部の周辺機器は他勢力に物色しにいっても、内蔵の専用拡張品はどうすることもできません。そこでTSシリーズ(ツクモオリジナル周辺機器シリーズ)が登場します。

TS-6BS1はSCSIカードです。純正CZ-6BS1の慢性的な品不足を解消するために作られた互換品です。その後mkII、mkII'と機能拡張されました。その他、TSシリーズとして社外の開発者さんと協力し、ジョイスティックに繋げるパラレルインタフェイス、音源搭載MIDIカード、互換メモリ、グラフィックアクセラレータ等を販売していました。

シャープから次世代機断念の連絡、生産完了の連絡、Oh!Xの休刊と立て続けに致命的なことが発生し、商売としての製品寿命が尽きてしまっていたにも関わらず販売フロアを続けられたのは、お客様の期待と、たくさんの取引先アイオーデータ、東京システムリサーチ、満開製作所、神保商会(順不同、敬称略)のおかげだったと思っています。

bottom

そして、今~未来の “SHARP”

[SHARP]RoBoHoN SR-01M-W 《送料無料》

ココロ、動く電話。
小型で手軽に携帯できるモバイル型ロボット電話『ロボホン』
(メーカー商品詳細はコチラ)

販売価格:¥ 213,840(税込)

還元ポイント:21,384 pt

ご購入・詳細はコチラ

■商品型番■

今話題の「ロボホン(RoBoHoN)」とは?

SHARPがロボットクリエーターでロボ・ガレージ代表取締役の高橋智隆氏とともに開発した、スマートフォンの機能を備えたモバイル型ロボット電話です。

19.5cmほどの大きさのロボットで二足歩行やダンスなども出来て、メールや通話ももちろん出来ます。「ココロエンジン」というSHARPの人工知能も搭載しているので、ロボホンと会話が出来て、写真も撮ってくれます。顔認識機能も搭載しており、一緒に楽しく過ごせます。

スマートフォンと人型ロボットの融合。ロボットが携帯ショップで当たり前の様に買える今までに無かった新しい時代が来る。モバイル型ロボット電話「ロボホン」は、大きな話題となりました。

現在、経営再建中のSHARPですが、この可愛らしいロボットを見ると、新しいものを作るという姿勢が伺えます。「目の付けどころがシャープでしょ?」というフレーズのもと「ものづくり」が未来へと続いて行って欲しいですね。

ツクモネットショップ20周年ありがとう企画 今vs昔 番外編 頑張れSHARP!X68000特集 パソコン・PCパーツなら専門店のTSUKUMOネットショップにお任せください。
各種PCパーツやハードウェアも充実のラインナップで取り揃えておりますので、これから自作パソコンを作ろうとお考えの方にも安心してご利用いただけます。
お求めになりやすい価格で自作PCのパーツや周辺機器などが購入でき、品揃えも豊富ですので欲しいパーツがきっと見つかります。
カスタマイズ可能なBTOパソコンをお探しの際にも、是非ツクモにお任せ下さい。

自作PC・PCパーツ通販ならTSUKUMO【TOP】
このページの先頭へ