左右対称、左右分離型キーボード「μTRONキーボード」登場! - パソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】。自作PCに必要なパーツを豊富に取り揃えています。

5000円以上送料無料
検索オプション メーカー検索
   パソコン・自作PCのTSUKUMO-ホーム >  特集  >  左右対称、左右分離型キーボード「μTRONキーボード」登場!

更新日: 2008/11/18

東プレ製無接点静電容量方式キースイッチ採用、JIS配列、TRON配列の切替可能!

 ツクモスタッフおすすめの、PC用キーボードをこちらにてご紹介しています。

 キータッチにこだわる方、デザインにこだわる方、ちょっと変わったキーボードをお探しの方にも満足して頂けるよう豊富なバリエーションの中から「これは!」と思った商品を厳選しました!!貴方にピッタリのキーボードを是非こちらで見つけて下さい。


今回ご紹介するのはこちら!


『BTRONにおける入力方式―TRONキーボードの設計―』によってTRONキーボードの設計がなされたのは1986年。 TRONキーボードは独特の山型の形状、手前中央には電子ペンタブレット、独特のTRON配列とかなりユニークなキーボードです。 「μTRONキーボード」は、TRONキーボードの21世紀バージョンとして製品化されたました。 基本設計は“1989年Ken Sakamura”のサインのある図面。TRONキーボードをできるだけコンパクトにしてノート型のパーソナルコンピュータにも搭載できるように設計されていました。 その設計を基に、身体に優しいTRONキーボードのエルゴノミクスデザインを活かし、新たに誕生したのが「μTRONキーボード」です。


パーソナルメディア(株)
μTRONキーボード(U01C0240-01)
パーソナルメディア(株)
μTRONキーボード用パームレスト(U01C0241-01)
μTRONキーボード パームレスト
ネット特価  ¥ 54,000    540 pt
詳細・注文 【メーカー商品詳細】
ネット特価  ¥ 11,108    112 pt
詳細・注文 【メーカー商品詳細】
【ハードウェア】 USB 端子のついた PC (Windowsパソコン、PC/AT互換機、DOS/Vマシン)
【ソフトウェア】 ・JIS配列(QWERTY)
 Windows Vista(SP1を含む)、Windows XP SP2以降、
 Windows 2000 SP4、超漢字V、超漢字4で動作確認ずみ。

・TRON配列(DVORAK)
 超漢字V、超漢字4
 ※専用ドライバのインストールが必要。
 ※Windows Vista、Windows XPには、将来的に対応予定。
【寸法】 幅:約162mm×奥行:約63mm×高さ:約43mm
【数量】 2個





製品特長

左右のユニットが分離。操作しやすい位置に配置可能

μTRON 左右のユニットが分離し任意の位置に設置できるので、利用者の肩幅や机との距離により楽な形に調整することが可能です。

キー配列が左右対称。指の自然な動きにフィット

μTRON 従来のキーボードの配列と異なり、左右のキー配列が完全対称になっています。
この独自的な配列は両手の自然な指の動きにフィットするように考えられています。

※一般のキーボードとは配置が異なるため、慣れるまで多少時間がかかる場合があります。

頻繁に利用する[Enter]キー[Shift]キー[Backspace]キーなどは、押しやすい人差し指や親指で打鍵できる位置に配置

μTRON
「μTRONキーボード」では[Enter]キー[Shift]キーを中央部に移動。
使いにくく弱い指に[Enter]キー[Shift]キーを割り当てず、親指や人差し指にこれらのキーを割り当て、弱い指への負担を軽減しています。

※一般のキーボードとは配置が異なるため、慣れるまで多少時間がかかる場合があります。


傾斜を、前側6度、前側10度、前側10度+左右10度の3種類に調整可能

左右の傾斜の理由-
手を自然な形で机の上に置いてみてください。手の平が机の面に並行にピッタリとするより、やや立てた状態の方が自然に感じられると思います。
手の平が机の面にピッタリとなった状態は、内側に回転した状態(内転という)で、それだけで筋肉はすでに緊張した状態になっています。
キーボードを左右に10度傾斜させると内転の度合いは低減し、それだけ筋肉の緊張は少なくなります。

スタンド スタンド スタンド
「μTRONキーボード」は左右のユニットそれぞれの裏面3カ所に折りたたみ式のスタンドを内蔵。
スタンドを利用することによってキーボードの傾斜を3種類(手前6度/手前10度/手前10度+左右10度)に調整することが可能。

パームレスト パームレスト
手前10度+左右10度の傾斜の場合には、キーボード全体全体が高くなる為、専用に設計されたパームレストをオプション品として用意しています。

疲れにくい東プレ製無接点静電容量方式のキースイッチを採用

無接点静電容量方式キースイッチ OEM生産で高い評価を得ているタッチのよさと信頼性、耐久性の要求される業務用キーボードと同じ、東プレ製無接点静電容量式スイッチを採用。
チャタリングもなく、キーの底まで押し付けなくても入力ができるため、指に対する衝撃も少なく軽いタッチでの入力が可能です。

JIS配列(QWERTY配列)とTRON配列(DVORAK配列)を切り替え可能

「μTRONキーボード」はJIS配列でも利用できるよう設計され、特定のキー操作でJIS配列とTRON配列の間を切り替えすることが可能です。
また、キーボードのキー刻印はJIS配列のものが印刷されています。

※TRON配列の利用には、専用ドライバのインストールが必要です。
※Windows Vista、Windows XP用専用ドライバは、後日ダウンロードサービスで無償で対応予定です。
 IME(MS-IME、ATOK等)によっては利用方法に制限が生じる場合があります。


独自のTRON配列のほかに標準的なUSB 109キーボードとしても利用可能

109キーボード

※Windowsキーはありません。また、アプリケーションキーは、[Menu] と刻印されています。



μTRONキーボード用パームレスト パームレスト
μTRONキーボードの傾斜を前側10度+左右10度に調整した場合に最適な専用パームレスト。
[幅:約162mm×奥行:約63mm×高さ:約43mm]×2個

圧力の分散

クッション
クッション
クッション材には低反発素材を利用。
接触している部分の圧力を均等に分散させ手のひらをサポートします。

爽やかな使用感

カバー クッション材は、オープンセル構造(穴開き細胞)で、空気が流通するため、蒸れることがなく爽やかな使用感となっております。
カバーには、デュポン社(現インビスタ社)の高機能繊維クールマックスを使用。
綿素材より5倍の早さで汗を吸収・蒸散します。夏でもべたつかず、冬でも冷たくなりません。

TRON配列

160万字の日本語解析から生まれたTRON配列

TRON配列は、160万字の日本語の文章を解析して定められています。
現在の日本語の文章は濁点の出現頻度が高く、その点に注目して打つキーの反対側の手の[Shift]キーと同時打鍵すると濁音になるという方式が採用されました。
この方式により濁音文字を同時打鍵による1ストロークで打つことが可能になり、同じ文章を打つときのキーストローク数を減らすために貢献しています。

※[Shift]キーとの同時打鍵による濁音文字入力
TRONでは親指に[Shift]キーを割り当て、シフトするときは同時打鍵を行ないます。
このとき左右に傾斜可能な設計が重要な意味を持ってきます。従来型の左右方向が水平なキーボードで親指同時打鍵すると、内側に回転した(内転)状態にある手をさらに強く内転する運動になります。
これは筋肉の緊張を高めることになり、望ましくありません。「μTRONキーボード」は左右に傾斜をつけることが可能な為、傾斜させて使用することにより同時打鍵の際の内転の度合いを少くすることができます。


また、JIS配列では4段目までのキーにかなキーが配置されていますが、4段目はホームポジションから遠く打ちにくい位置となります。
TRON配列では3段の範囲にかな文字を収め指の動きが少なく、打ちやすくなるよう考慮されています。
「μTRONキーボード」のTRON配列では以上のようにして配置された日本語向けの配列と、英字配列では従来の研究によりQWERTYより優れるとされているDVORAK(ドボラック)配列が使用可能になっています。

キー配置

TRONモードにおけるキー配置は下図の様になっております。
TRON配置

※現時点では、TRON配列を利用できるのは「超漢字V」「超漢字4」のみです。
 Windows Vista、Windows XPには、将来的に対応予定となっております。


キートップの右下は日本語モードのときに入力できる文字です。キートップの左上は英語モードのときに入力できる文字です。
A/ぬ/だ
TRON配列では、以下の規則に従って文字を入力します。
黒色の文字 該当キーを単独で押す。
赤色の文字 左シフトキー(赤)と該当キーを同時に押す。
青色の文字 右シフトキー(青)と該当キーを同時に押す。

TRONモードのシフトキーは、シフトキーと同時に該当キーを押すことで入力できます(同時打鍵)。
これにより、2つのキーを押す操作にもかかわらず、実際には1回の打鍵操作という感覚で入力できます。

■黒文字
黒色の文字を入力するには、そのまま該当キーだけを単独で押します。

日本語入力の場合、以下の文字が入力されます。
※{ } で囲まれた文字は拗音(ようおん)が入力されます。
黒文字

■赤文字(左シフト)
赤色の文字を入力するには、左シフトキー(赤)と該当キーを同時に押します。日本語入力の場合、以下の文字が入力されます。

以下の濁音は、この方法で入力します。シフトキーは左手を使い、文字キーは右手の位置に集められています。

「ぎ」「ぐ」「げ」「じ」「ず」「ぢ」「づ」「ヴ」
赤文字

■青文字(右シフト)
青色の文字を入力するには、右シフトキー(青)と該当キーを同時に押します。日本語入力の場合、以下の文字が入力されます。

以下の濁音は、この方法で入力します。シフトキーは右手を使い、文字キーは左手の位置に集められています。

「が」「ご」「ざ」「ぜ」「ぞ」「だ」「で」「ど」「ば」「び」「ぶ」「べ」「ぼ」
青文字

■半濁音文字
半濁音(「ぱ」「ぴ」「ぷ」「ぺ」「ぽ」)は、以下の手順で入力します。

1.該当の文字(「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」)を押します。
2.右Shiftキーを押しながら、半濁点 を押し、半濁点「゜」を入力します。


製品仕様

動作条件

【ハードウェア】
USB 端子のついた PC (Windowsパソコン、PC/AT互換機、DOS/Vマシン)

【ソフトウェア】
・JIS配列(QWERTY)
Windows Vista(SP1を含む)、Windows XP SP2以降、Windows 2000 SP4、超漢字V、超漢字4で動作確認ずみ。

・TRON配列(DVORAK)
超漢字V、超漢字4
※専用ドライバのインストールが必要。
※Windows Vista、Windows XPには、後日ダウンロードサービスにて無償対応予定。IME(MS-IME、ATOK等)によっては利用方法に制限が生じる場合があります。

《ご注意》
JIS配列の場合、標準のUSBキーボートが利用できる環境であれば、上記以外の他のハードウェア、他のOS、他のWindowsでも原理的には利用可能ですが、メーカーによる動作確認はされておりません。
PC本体とμTRONキーボードの間にCPU切替器やUSBハブを介在させた場合、正常に動作しない場合があります。この場合、PC本体とキーボード本体を直接接続してください。

仕様
キー数 76
文字配列 JIS(QWERTY)配列、TRON(DVORAK)配列
刻印 JIS(QWERTY)配列
形状 左右対称分離型
傾斜 手前6度/手前10度/手前10度+左右10度
キー形状 シリンドリカル・ステップスカルプチャ、および特殊形状
キースイッチ 無接点静電容量方式
キーピッチ 17mm
キーストローク 4mm
キー押下力 45g重(0.411N)
外形寸法 ユニット片側/幅:161.5mm×奥行:141.2mm×高さ:42.5mm(スタンド収納時の最大高さ)
本体質量 720g
インターフェイスコネクタ USB (Mini-Bメス) [Mini-Bオス-USB-Aオス 1.8m USBケーブル付属]
その他 ファームウェアアップデート機能

製品構成

・キーボード本体
・USBケーブル
・『μTRONキーボード 取扱説明書[基本編]』(マニュアル)
・CD-ROM (ドライバソフトと取扱説明書[詳細編]を収録)
・μTRONキーボードトレーナー(TRON配列を示した紙鍵盤シート)
・μTRONキーボードトレーナーのための紙スタンド


左右対称、左右分離型キーボード「μTRONキーボード」登場! - パソコン・PCパーツ専門店のネットショップ【TSUKUMO】
ハードウェアや細かいPCパーツまで取り揃えているので、これから自作パソコンを作ろ うとお考えの方にもオススメです。
自作PCのパーツや周辺機器などが低価格で購入でき、種類も豊富なので欲しいパーツがきっと見つかります。
お買い得の商品からイチオシ商品まで【TSUKUMO】が自信を持ってご紹介いたします。
BTOパソコンをお探しの際にも、是非【TSUKUMO】にお任せ下さい。

パソコン・自作パソコン[自作PC]のパーツ通販なら TSUKUMO【TOP】
このページの先頭へ